妊娠中の便秘は赤ちゃんが窮屈になる?

 | 

こんにちは!【琴似女性の治療院】鍼灸師の小野です!

妊娠中は身体が痛くなるのが当たり前。10か月我慢するしかない。

と思っている方が多くいらっしゃいます。

 

妊娠することで、血液の量が増えますが、大きくなる子宮に圧迫され血流が悪くなり・臓器の機能低下が起こります。むくみの原因にもつながります。

 

子宮の近くにある臓器(大腸・小腸)の機能が低下すると便秘になりやすくさらに圧迫しお腹がパンパンになる。張りやすくなる。などの症状も出てきます。

妊娠中の便秘が続くと

便秘が続くと腸が子宮の動きを制限してしまい赤ちゃんも窮屈に((+_+))

また妊娠中はホルモンバランスも崩れやすく、気分の浮き沈みが激しくなったり…。

お腹も大きくなると身体に痛みや不調があるとなおさらです。

NPO法人日本妊産婦整体協会に所属する琴似女性の治療院へ

当院はNPO法人日本妊産婦整体協会に所属しています。

産前産後整体はそんな小腸の動きや、お腹が大きくなるにつれて負担のかかる関節や筋肉の調整を行います。

整体後はお腹の位置が上がり、触るとふわふわのお腹に変化します。

ママも赤ちゃんも快適に過ごせるよう内側から身体を整えましょう~!