琴似女性の治療院鍼灸師が考える★美容鍼と水の関係

 | 

【琴似女性の治療院】鍼灸師の荒澤です。

お盆も過ぎて、夏も終わりに差し掛かりましたが、まだ蒸し暑かったり

寝苦しい日がありますね。

この夏、本当に札幌かな?と思うくらい気温も高く、水分!水分!と

私自身患者様にしつこく伝えてきていました。

一日1.5リットル~なんて言われていますが、水飲めていますか?

正直、私は水だけ飲むのは好きではありません。

かといって、お茶やジュースなどを1.5リットル飲めるかと言ったら

すごく苦しいので飲めないのですが・・・。

一日に必要な 【飲み水】 の量 = 体重 × 30ml

だそうです。

単純計算で体重50kgの人で1.5リットルです。

是非ご自身の体重で計算してみてください。

そして、その分の水が飲めていますか??

あくまで【水分】【水】です。お茶、味噌汁、コーヒーを抜かしてです。

 

なぜいきなり水の話かと言いますと、当院で美容鍼された方で

効果の実感が出づらい方がたまにいらっしゃるのですが、そのほとんどの方が

水不足でした。

飲んでいるつもり・のどが渇いていないから・トイレが近くなるのが嫌・

水の味が好きじゃない・水以外の水分は飲んでる・・・

様々な理由はありますが、そもそも、お顔のお悩みがある方は、何らかの理由で

お顔の細胞に水分が保持できなくなっている方がほとんどです。

外側からの化粧水などで補うのももちろんですが、内側からも摂取した方が

より効果的ですよ。

熱中症対策であれば、多少の塩分も必要ですし、頭痛や吐き気が出てしまっていたら

経口補水液などで補ってくださいね。

 

当院の美容の問診ではお顔の悩みはもちろん、あなたのなりたい理想的な

お肌になるための問診を重視してお時間をいただいております。

ちょっとした疑問なども気軽にお尋ねください。

きっと、あなたの力になれると思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。