これって夜泣き?

 | 

こんにちは!札幌琴似にある【琴似女性の治療院】鍼灸師の小野です!

 

今回は子どもの夜泣きについてです。

夜泣きってどんなもの?この月齢でこれは夜泣き?普通のこと?

《夜泣き》と聞いてどんなことを想像しますか?

 

新生児~生後3か月ぐらいまでは昼夜問わず

2~3時間ごとに泣き授乳をする生活がメインです。

一度に飲める量も少ないのでこまめに授乳をし

空腹になると泣いて知らせてくれる。

これは赤ちゃんの生命維持に必要な通常なことです。

 

生後4か月~6か月になると生活リズムも整ってきて

一度に飲める量が増え授乳の間隔が少し空いていきます。

起きてる時間も増え、寝返りなど動きも活発になります。

夜も2~3回授乳で起きることもあります。

(ミルクの場合は朝までぐっすり!という子もいて

個人差が出てくる時期でもあります)

 

生後7か月~10か月になるとメインが授乳からご飯中心に変わります。

食事・お昼寝のリズムがついてきて日中の授乳回数が減ってきます。

食事が進んでいる子はミルクを卒業する子もいる時期です。

母乳育児の子は夜も1回~2回起きることもあります。

 

1歳を過ぎるとメインは食事に変わります。

栄養も基本食事から摂取する形になるのでこの時期から

夜に空腹になり起きるという事は減ります。

1歳を過ぎてから夜に泣く、泣いて起きるとういのは夜泣きと考えます。

 

夜泣きの原因も様々ですが、考えられる原因を

次回お伝え出来たらなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

授乳や離乳食の進み具合はあくまでも参考としてご覧ください。

生まれた週数や現在の体重によっても異なりますので

これって??とお悩みの方はご相談くださいね。