子供の歯ぎしりと癇癪は小児はりで効果出るのか?治療2回目

 | 

琴似女性の治療院にて小児はりを治療をしていただいてます。

年齢・性別:3歳の女の子

1番の悩み事:キーキー怒る(癇癪も)

その他の悩み事:朝ごはんを食べない、夜歯ぎしりをする

両親:共働き・フルタイム

 

補足

キーキー怒ること・癇癪について

0~1歳・・おっぱい大好きで、とにかくずっと飲んでいたい。
おっぱいが飲みたすぎて、母以外手をつけられないほど泣きわめく怒り散らす。

おっぱいがないと絶対寝ない。義母曰く自分が育てた子よりも「大変なタイプ」笑

2歳・・イヤイヤ期開始

3歳・・自我と言葉がプラスされるイヤイヤ期中


で、今現在は気に入らないことがあると高い声でキーキー怒るので私も夫も(はぁ・・また始まった・・・)という感じです。イヤイヤタイムが落ち着くと話せばわかるのですがイヤイヤ中は手がつけられないので一旦放っておきます。。

ショッピングセンターとかで癇癪起こすともう、大変です・・・。

 

朝ごはんを食べない

保育園の給食はよく食べるらしいのですが、朝ごはんは特に食べません。。


歯ぎしり

3歳になってから歯ぎしりをするようになりました。歯が削れてしまわないか心配です。

3歳児検診で相談しましたが、「胸をとんとんしてあげてください」と言われ、してみるけど効果なし。

第1回小児はりから3日後、第2回目の小児はりをしてもらいに琴似女性の治療院に伺いました。

娘は楽しみにしていた日がやってきた!という感じでした。

駐車場に車をとめて琴似女性の治療院に向かっていると、「あそこだね!」と、もう場所を覚えていました。笑


整骨院を楽しみにする3歳児・・いい感じです!笑

前回から今日までの間の変化をヒアリング

第二回目の治療は、1回目から今日までで刺激が強くなかったかの確認と、気になる症状(娘の場合はキーキー怒る、歯ぎしり、朝ごはんを食べない)の落ち着き具合を確認し、治療を開始していただきました。


土曜日だったこともあり、前回よりも首肩がかたくないようでした。

子どもでも休みだからリラックスできるとかあるんですね?とお聞きすると、お母さんのお腹に10ヶ月もいて、ずっとお母さんのそばで育ってきているから小学生くらいまではいろいろなことを察しやすんですよ。だから、お母さんがいつもより土曜日リラックスしていると、お子さんもリラックスしやすいんです。


と教えてくださいました。


確かに平日の朝は戦場!笑


朝ごはんを食べない娘に「早く食べないと遅れちゃうよ。」「みんなと楽しく遊んでほしいからいっぱい食べてほしいな」とプレッシャーを与えまくる平日の朝と、(まぁ、休みだしお腹減れば欲しいというかな~)とプレッシャーを与えない土日は絶対違うわ!と納得してしまいました。


わたしの(早く早く遅刻しちゃう!)という焦りとかを敏感に感じてストレスとなったりするんだなという感じでした。


皮膚の状態をみると割と体力があるらしく、小児はりを続けていくことでリラックスしやすくて、落ち着いた気持ちを保ちやすくなれるんだそうです。

治療後のメッセージ

治療が終わったあとに小野先生からLINEが。

そこには「今日ははりの後でリラックス効果も高いのでお昼寝が少し長くなったりする時があります」とありました。

それが!!本当にそうで、いつもは長くても2時間と少しくらいで起きるのですが、治療当日は3時間くらいずーっと寝てました。夜眠れなくなっちゃう!!と起こしても起こしても起きなくて。笑

でも夜もしっかり寝てくれましたし、すごい効果だなぁと思いました!


次回はまた3日後に治療に伺います!